ED治療薬は市販されていません!ED薬と保険適用について

ED治療薬の、バイアグラ、レビトラ、シアリスなどは市販薬ではないため薬局で購入することができません。ED治療薬は、医師の診察を受けて処方してもらう必要があります。

*

ED治療薬を手に入れるには病院の処方か個人輸入

   

EDとは、勃起が十分ために満足な性行為ができない状態を指します。EDには重度なものから軽度なものまでさまざまなレベルがありますが、日本の成人男性の約3分の1がEDという推計データもあります。

治療法は精力剤の使用が考えられますが、即効性においてED治療薬に勝るものはありません。そして、治療薬の購入方法としては、病院による処方という手段か、個人輸入代行を活用するかのふたつの方法が考えられます。

安心・安全がメリットの病院処方

ED治療薬を病院処方で手に入れるメリットは、何といっても安全性を確保できる点にあります。個人で購入すると、偽物を手に入れてしまう可能性が少なからずありますが、病院処方の場合はこのような心配は全くありません。

また、現状では、治療薬には大きく3種類がありますが、医師に相談することで、体の状態に最も適したものを手に入れることができます。さらには、万一、薬の使用によって体の不調が生じた場合、医師による治療や的確な指示を受けられる点も、大きなメリットと言えるでしょう。

EDを安全に、しかもより確実に克服したいのであれば、病院を活用するのが最適です。

価格・手軽がメリットの個人輸入

一方、個人輸入を活用するメリットは価格面と手軽さです。病院で正規に購入した場合、健康保険の適用がないため、それなりにお金がかかることになります。しかも、病院の場合は初診料や診察料がかかりますから、その差は小さくありません。

少しでも低価格でEDを治したいのであれば、個人輸入を利用すると効果的です。加えて、忙しくて病院に行けないという方でも、インターネットの環境さえあれば購入することができます。しかも誰にも知られる心配もありません。その反面、薬に対するリスクは取らなければなりません。

以上のように、ED治療薬は病院で手に入れるにも、個人輸入代行から購入するにも、一長一短があります。どちらを選ぶかの判断基準は、安全性や確実性を取るか、あるいは、お金や時間の節約を取るかということになります。