やはり薬となれば効果のある低用量ピルでも副作用はあるのか?

薬には副作用というものがあります。

弱い薬でも出てしまう場合もあり、全く出ない人もいます。そのため気などの症状を抑えるために服用する場合には、ある程度の副作用は覚悟する必要があり、またその症状がどのようなものであるかを把握しておくことで、体調などに変化が出た場合でも不安をあまり感じずに済みます。

重要なことは、どのような症状が現れるかということを、事前に把握しておくことです。そうすることで、症状が出た場合に問題がない症状なのか、症状が重い、違う症状がでているなど自分でも判断しやすくなります。

妊娠の初期の症状と類似

低用量ピルの場合も同様です。

低用量ピルの副作用としては頭痛や吐き気、倦怠感など妊娠初期時に起こる症状の軽いものが、体が慣れてくるまで起きることがあります。また眠気などの副作用症状が出る場合もあり、低用量ピルでも副作用が少なからず症状としてでることはあるといっていいでしょう。ホルモンバランスの影響などにより症状が出ることはありますが、個人差などもあるため人によって症状の出方なども違いがあります。しかし過度に不安を感じる必要はなく、しっかりと用量や用法を間違わなければそれほど問題になることはありません。

不安を感じることも理解できますが、目的があり服用するものです。ある程度の症状が出るとしても、それが軽いものであるならば、過度に気にすることはありません。

このように基本的に症状としては軽いもののため、それほど気になるような症状が出るとは限りません。そのため症状が気になる、様々な症状により体調が悪いなどの場合には、主治医に相談することが大切です。体質的に問題がある可能性や薬が合わない可能性などもあるため、自分の体の状態などもよく把握しながら服用していくことも重要です。

低用量ピルは副作用も少ない

低用量ピルだけでなくコンドームなどもあわせて利用することがより避妊率を上げることにもなります。

服用方法としては、生理周期に合わせることが大切です。定期的に服用する期間、そして服用をしな期間が存在します。ですが低用量ピルを服用しない期間があることで、服用を再開する時期に薬を飲み忘れてしまうこともよくある話です。その服用のパターンが乱れないようにする必要があり、その場合には偽薬を利用することで服用しない期間を作らずに飲み忘れを防止するということも重要です。

ピルと聞くと副作用とイメージしてしまうことがありますが、それは以前主流だった中用量以上のピルの場合で、低用量ピルになるとかなり軽い症状となっているようです。低用量ピルも種類はいくつか出ていますので、服用していて合わない場合などは相談をして他の低用量ピルを服用してみるのもよいでしょう。