できれば病院とか行かなくても低用量ピルが買えたらと思ってる人には個人輸入を!

低用量ピルのトリキュラーを使用している人の中で、できれば病院に行かなくても購入をすることができればどれだけ便利だろうかと考えている人も多いのではないでしょうか。

トリキュラーに代表される低用量ピルというのは、使い方に注意が必要であるため病院で処方を受けなければ手に入れることができません。しかし、すでにある程度の期間使用している人からすれば毎回簡単な問診があって、特別な検査をすることなく処方をされるとこれだったら通院をする必要が無いのではと考えてしまうものです。処方不要で買えたら時間の節約にもなりますし、病院にかかる費用も抑えることができるわけですから、病院に行かずに済むのであればかなりの負担の軽減があります。

個人輸入という方法なら処方不要

通常では自由に手に入れることができない低用量ピルですが、例外として個人輸入をすれば処方不要でしかも安く買うことができます。

個人輸入は販売元から直接購入をすることになりますから、処方料などがかからず商品の代金と送料程度で購入が可能です。ひとつ問題があるとすれば一般人にとって個人輸入というのは、なかなかハードルの高いものであり簡単にできるものではありません。インターネットが普及した現在では以前よりは個人輸入のハードルが下がったとは言え、知識のない人が一から欲しいものを取り寄せようとするのは骨が折れるものです。

そこで役に立つのが代行サイトの存在であり、個人輸入の際に必要な手続きをすべて代行サイトが代わりに行ってくれるので代金を支払ったあとは特に何もすることなく、商品が届くだけであるため一般の通販サイトと何ら使い勝手が変わることはありません。

代行サイトの安全性

代行サイトは法律に触れるのではないかと思いがちですが、流れとしては低用量ピルが欲しいけれども輸入の手続きがわからない個人が、代行サイトに対して販売元にトリキュラーを送るように注文をして欲しいと注文を出し代金を払います。

代行サイトは商品の代金に代行手数料をプラスした金額を受け取って、注文を販売元に通して代金の支払いをします。

販売元は直接最初の客に商品を送ることになるので、あくまでも注文を取り次いでもらっているだけにしかならず、直接販売元から商品を取り寄せている形になるので法に触れることなく、トリキュラーを購入することができます。このような仕組みとなっているので病院に行かずとも、低用量ピルを簡単に手に入れることができしかも安く上がるという利点まであります。