ED治療薬は市販されていません!ED薬と保険適用について

ED治療薬の、バイアグラ、レビトラ、シアリスなどは市販薬ではないため薬局で購入することができません。ED治療薬は、医師の診察を受けて処方してもらう必要があります。

*

アルコールとED治療薬の関係

   

EDの治療薬を飲む際、気をつけたいのがお酒の飲み方です。アルコールは適度に摂取すると効果的に働きますが、過剰に摂取しすぎてしまうと、薬の効果を減少させてしまう恐れがあります。

アルコールを飲んだ状態でもED治療薬は服用できる

アルコール飲んでED治療薬を服用は行えます。しかしED治療薬によっては、アルコールの影響を受けやすい薬があるので注意が必要です。アルコールを飲むのであれば、たしなむ程度にとどめたほうが良いでしょう。問題ないといっても出来ればアルコールを摂取しないでED治療薬を服用してもらうのがベストです。

アルコールはリラックスする程度の量が効果的

EDが起きる原因には、身体的な問題と心理的な問題があります。血流や神経の伝達といった身体的な問題の場合、治療薬によって血流を促進したり、ホルモンバランスを整える必要があります。

一方、性行為の緊張やストレスなどの心理的な問題の場合は、精神的に負荷がかかっていることで、性的刺激が起こりにくくなっている状態を示します。そのため、改善のためには何らかの方法によって気持ちをリラックスさせる必要があります。そこで効果的なのが、アルコールです。

アルコールは中枢神経に働きかけ、理性によるコントロールを抑制する効果があります。

性行為に対する緊張や、日常生活におけるストレスを感じている場合、意識せずに理性によるコントロールが働いている可能性があります。お酒を適量飲むことで理性によるコントロールを抑制すると、リラックスした状態になり、心理的な障害も感じにくくなります。
そのため、性行為に対する精神的な障害が取り除かれ、性的刺激が起こりやすくなります。

アルコールの飲み過ぎは逆効果

お酒は少しだけ飲むと、気持ちをリラックスさせることができます。しかし飲みすぎてしまうと、逆効果となってしまいます。

アルコールは中枢神経に働きかけます。お酒を飲みすぎてしまうと、やがて中枢神経がマヒしてしまい、自分が思った通りの行動ができなくなってしまいます。
するとEDの治療薬を飲んでいたとしても、中枢神経がマヒしてしまっているために性的刺激が起こりにくくなり、勃起不全になってしまいます。

また、EDの治療薬には血管を拡張させる働きがあります。血管が拡張するとそれだけ血液が流れやすくなりますが、この時お酒を飲んでいると、アルコールが早く全身に回りやすくなります。

すると、酔いが早くなったり、急性アルコール中毒を起こしやすくなるといったリスクが生じるようになります。