生理痛って本当に辛い…どうして生理痛になってしまうの?

生理の時の悩みで圧倒的に多いのが、生理痛です。

生理のある女性の8割近くが生理痛の悩みを抱えています。そしてそのうちの3人に1人は、鎮痛剤が必要になるほどの辛い痛みを味わっています。健康な女性であれば、生理痛があったとしてもスルーできる範囲です。しかし1か月の間に2回くらい鎮痛剤を使う程度であれば問題ありませんが、それ以上となると何らかの問題がある可能性も否定できません。

心や体の不調や過労は、ストレートに生理時の痛みやトラブルに反映されます。まずは、睡眠不足やオーバーワーク、食事、冷房で冷えていないかなどをチェックしてみましょう。

痛みも年代や原因でも多種

毎月のように生理痛があったのでは、本当に辛いでしょう。では、どうして生理痛になってしまうのでしょうか。

生理の時は、子宮を収縮させるためにプロスタグランジンという物質の分泌が増えます。経血を押し出すためには必要な物質ですが、このプロスタグランジンは同時に腹痛や腰痛、頭痛、下痢などの原因にもなります。

小学生や中学生の場合、まだ体が小さいので子宮口も細くて狭いです。そのため、子宮を強く収縮しないと経血を排泄できません。子宮を強く収縮させるために生理痛の原因となるプロスタグラジンをたくさん分泌するので、生理時の痛みも強い傾向があります。

出産後は生理痛が軽くなる人が多いのですが、それは経膣出産によって狭かった子宮口が広がるからです。また太り過ぎると皮下脂肪が子宮口の周辺にもつくため、子宮口も広がりにくくなり、生理時の原因となります。

そして、30歳以降になると血液の粘りが高まりやすくなります。
これも経血を強く押し出すことになり、プロスタグランジンをたくさん分泌させる必要が生じ、生理時の痛みを招きます。子宮を圧迫させるような姿勢や、冷え、便秘なども経血が滞ることになり、子宮を強く収縮させる必要が生じて、生理痛を強める原因となります。

また、子宮筋腫や子宮内膜症でも下腹部痛や腰痛が起きることが多いです。
これらの疾患は、ホルモンバランスの乱れも一因と考えられています。ホルモンバランスを乱れさせるものとしては、ストレスや過労があげられます。

注意しておけること

自分自身で出来ることとしては、過労やストレスを避け、冷えに気をつけて、バランスの良い食事を摂ることでホルモンバランスを整えることが大切です。

血流をよくすることで経血が出やすくなるので、適度な運動もおすすめです。また生理中は入浴しないという人も多いようですが、温めた方が痛みは楽になるでしょう。最後に入浴する、無理であればせめて温かいシャワーだけでも浴びるなどの工夫をして、体を冷やさないようにしましょう。